未分類」カテゴリーアーカイブ

黒髪でカラコンを使うなら・・・

黒髪にカラコンが合うのかどうか心配な人もいるかもしれませんが、重要なのはカラコンの選び方であって、黒髪でも大丈夫です。
そして選び方で重要になってくるのが安全性と自分がなりたいイメージです。
安全性については特に黒髪だからというわけではなくカラコンを使うすべての人に関係してくることです。
安全なカラコンというのは厚生労働省から高度管理医療機器としての承認を受けているかどうか、というところがポイントになってきます。
承認を受けているカラコンであればいいのですが、WEB通販では承認を受けていないカラコンも出回っているのが現実です。
未承認のカラコンは個人輸入代行方式と呼ばれる海外からの直輸入で販売されています。
具体的にはロデオ、ジーニー、ラブコン、みんカラなどがこういった未承認のカラコンです。
そういったカラコンは安全面で不安が残りますので購入はおすすめしません。
今は承認済みカラコンだけでも相当な数のカラコンがありますので、わざわざ未承認のカラコンを買う理由は無いと思います。
こういった理由から承認済みカラコンを買ってください。

そして次が黒髪の人用のカラコンの選び方ですが、下記サイトで詳しく解説されていますので、ぜひ目を通してみてください。
http://xn--lckq5npb1008go5e.biz/

簡単にダイジェストで紹介すると

  • ブラウンカラコンで柔らかなイメージに
  • グレーカラコンで大人っぽく
  • 黒コンでドーリーなイメージに
  • 黒髪でハーフカラコン
  • その他のカラーの選び方
  • カラコン通販サイトについて

こんな感じの内容になっています。

選び方のコツだけではなく、具体的におすすめのカラコン名も紹介されています。
黒髪のカラコン選びの参考になるおすすめのサイトです。

女性にお勧めの東京駅周辺ホテル

東京駅周辺にもいろいろなホテルがありますが、女性向けかつ格安という条件で探すといくつかのホテルが見つかります。

値段重視の場合にはカプセルホテルという選択肢があります。
カプセルホテルというのは大き目のコインロッカーのような寝床がずらっと並んでいて、そこに入って寝る簡易ホテルのようなところです。
荷物はカプセルとは別の鍵付きロッカーに入れて、大きい荷物などのロッカーに入らないものはフロントに預けるというのが一般的です。

東京駅周辺で女性向けのカプセルホテルだと、東京日本橋BAY HOTELというカプセルホテルがおすすめです。
東京駅から徒歩圏内です。
このホテルは男性専用フロアと女性専用フロアが完全に分かれていて、男性客は女性フロアに、女性客は男性フロアにそれぞれ入れないようになっています。
しかし男女共用のラウンジもありますので、男性と一緒に宿泊する場合も不便はないと思います。

カプセルホテルではなくてちゃんとした部屋があるホテルがいいという人には、相鉄フレッサイン東京京橋というビジネスホテルがおすすめです。
ここも東京駅から徒歩圏内にもかかわらず値段は安いです。
ホテル内のエレベーターは宿泊客のカードキーで動くので、部外者が勝手にエレベーターに乗れないようにセキュリティ面での配慮がされています。
また、じゃらんなどで予約する場合にはレディース専用宿泊プランというものが用意されています。
宿泊プランは予約するサイトなどによって違ってくるので注意してください。
一部の部屋はバスタブの無いシャワーブースのみの浴室になりますが、それ以外の部屋はバストイレ完備です。
ホテルのすぐ横にはコンビニもあるのでちょっとした買い物にも便利です。

東京駅近くのホテルは高級ホテルも少なくないのですが、よく探すとこのように格安のホテルも見つかります。

参考サイト:東京 ホテル 安い 女性

サンプル Do You Wanna Get This?

 だが私が秋を好むのは、こうした一般的の理由以外に、特殊な個人的の意味もあるのだ。というのは、秋が戸外の散歩に適しているからである。元来、私は甚だ趣味や道楽のない人間である。釣魚とか、ゴルフとか、美術品の蒐集などという趣味娯楽は、私の全く知らないところである。碁、将棋の類は好きであるが、友人との交際がない私は、めったに手合せする相手がないので、結局それもしないじまいでいる次第だ。旅行ということも、私は殆どしたことがない。嫌いというわけではないが、荷造りや旅費の計算が面倒であり、それに宿屋に泊ることが厭だからだ。こうした私の性癖を知ってる人は、私が毎日家の中で、為すこともない退屈の時間を殺すために、雑誌でもよんでごろごろしているのだろうと想像している。しかるに実際は大ちがいで、私は書き物をする時の外、殆ど半日も家の中にいたことがない。どうするかといえば、野良犬みたいに終日戸外をほッつき廻っているのである。そしてこれが、私の唯一の「娯楽」でもあり、「消閑法」でもあるのである。つまり私が秋の季節を好むのは、戸外生活をするルンペンたちが、それを好むのと同じ理由によるのである。

いろ青ざめて谷間をはしり、
夕ぐれかけてただひとり、
岩をよぢのぼれるの手は鋼鐵なり、
ときすべて液體空氣の觸覺に、
山山は茜さし、
遠樹に光る、
わが偏狂の銀の魚、
したたるいたみ、
谷間を走りひたばしる、
わが哀傷の岩清水、
そのうすやみのつめたさに、
やぶるるごとく齒をぬらす、
やぶるるごとく齒をぬらす。

秋風、肌に寒しとてや山雀
いといと切なる振に鳴くも
なにかは
我は山住み
今の日笑顏の乳母を見て
知んぬ平和の愛着

目を病むも
老いたるも
人たるも鳥たるも
(さはいへ)
さびしからまし
日は照るに
とこしなへ

籠を抱いて
夜すがら
鳥と愁へぬ。
あかつき
覺めにけり
菊の露